お知らせ・最新情報

ホーム > お知らせ・最新情報一覧

「長野灯明祭り in 奈良井宿」のご案内

「長野灯明祭り in 奈良井宿」は今年から新規で始まる冬のイベントです。

長野灯明祭りの「ゆめ灯り絵」約300基が、善光寺から奈良井宿へ舞台を移し、切り絵の行灯が宿場を演出します。

ゆめ灯り絵展は、2年前から切り絵作家の柳沢京子氏の協力の下、善光寺にゆかりのある浄土宗「法念寺」の参道で開催されていましたが、長野オリンピック開催20周年を記念して規模を拡大し、国内外の観光客の皆様に幻想的な奈良井宿を楽しんでいただこうと、「長野灯明祭り in 奈良井宿」が企画されました。
2月13日(火)から22日(木)の10日間、毎日18時~21時まで点灯の予定です。
灯明によって幻想的に演出された奈良井宿を是非お楽しみ下さい。

◆「長野灯明祭り in 奈良井宿」イベント概要

●開催期間 2月13日(火)から22日(木)の10日間
●点灯時間 毎日18時~21時まで

第20回奈良井宿アイスキャンドル祭り まもなく開催!

奈良井宿アイスキャンドル祭りが、今年も開催されます。
今年で20回目を迎える恒例イベントとなりました。
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された古い町並みに、約2,000個の手作りアイスキャンドルに火が灯され、幻想的な景色が拡がります。
振る舞い酒や豚汁のサービスなど地域住民による暖かいサービスも魅力の一つです。
一年のうち一度だけの特別な奈良井宿を楽しんでみてはいかがですか。

●開催日時
平成30年2月3日(土曜日) 節分の日 午後6時30分~

●内容
18時10分~ 二百地蔵点火式
18時30分~ 宿場内キャンドル点火及び豚汁、振る舞い酒、ホットワインのサービス
19時~ 20周年記念コンサート
19時30分~ 豆まき
20時~ 打ち上げ花火大会(予定)

●交通
中央自動車道伊那インターチェンジから国道361号線経由約30分
長野自動車道塩尻インターチェンジから国道19号線経由約30分
JR中央本線奈良井駅下車徒歩5分

また、この奈良井宿アイスキャンドル祭りに併せてバスツアーも開催いたします。
詳しくは塩尻市観光協会のページをご覧下さい。
       
お越しの際、夜間とても冷え込みますので、暖かくして、滑りにくいブーツなどでお越しください。
皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
昨年は特に外国人観光客の方々が多く来場され、協会員一同、メニューやPOPを多言語化したり、英語を勉強するなど、ホスピタリティーの向上に努めた年でもありました。
2020年の東京オリンピックを見据え、国内の方々はもとより、海外の方にも喜んでいただけるよう、おもてなしを継続し、皆様により楽しんできただける奈良井宿にするため、更なる努力をして参りたいと思います。
皆さまにとりまして幸せで実り多き年となりますことを心よりお祈り申し上げます。
奈良井宿観光協会 一同

皇女和宮御下向行列 無事終了しました。

11月5日(日)に薮原宿(木祖村)と奈良井宿(塩尻市)で行われた皇女和宮御下向行列、無事終了いたしました。
当日は多くの観光客の皆様が訪れ、宿場内は大変な賑わいを見せていました。

kazunomiya2017_1.jpg

午後13時30分に上町の鎮神社をスタートし、ゆっくりと1時間程かけて下町に向かって歩いていきます。
京都から江戸へ向かう旅のため、中山道を南から北へ進むルートとなっています。
中町の観光案内所前で記念撮影を挟んで一度休憩をとりましたが、一同が並んだ姿をスマホで撮影して、SNSにその場で投稿される方も多く見受けられました。

kazunomiya2017_3.jpg

kazunomiya2017_2.jpg

行列の最後に、観光協会の法被を着たスタッフがご祝儀箱を持って同行しましたが、それを見てご祝儀を入れてくださった皆様、本当にありがとうございました。
いただいたご祝儀は、このイベントの運営費として大切に使わせていただきます。
来年の実施予定は未だ未定ですが、皆様からのご要望などをお聞きして来年以降の計画を決める予定です。
イベントが大成功に終わり、スタッフ一同厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

皇女和宮御下向行列開催のお知らせ

11月5日(日)に薮原宿(木祖村)と奈良井宿(塩尻市)で、皇女和宮のお輿入れの様子を再現する
「皇女和宮御下向行列」を開催します。

■皇女和宮御下向行列実施概要
開催日 平成29年11月5日(日)
場 所 薮原宿(長野県木祖村) → 奈良井宿(長野県塩尻市)
時 間 薮原宿 11時~ ※交通規制:午前10時30分~午後0時30分
    奈良井宿 13時30分~  ※交通規制:正午~午後3時30分

※当日はシャトルバスの運行もあります。
※雨天時は行列開始時刻に村民センター(木祖村)、長泉寺(奈良井宿)において
 お披露目、写真撮影を行います。
※天候により行列途中でも中止となる場合があります。
※ドローンによる撮影は禁止となっております。

詳細はこちらのパンフレット 皇女和宮御下向行列2017.pdf をご覧ください。
皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

RALLY NIPPON 2017のご案内とご協力のお願い

大型ラリーイベント"ラリーニッポン"が第2回大会の2010年以来、7年ぶりに奈良井宿を通過します。
滅多に見ることのできない貴重なクラシックカーが約80台、4日間の日程で決められたルートを走行します。
今年で9回目となるラリーニッポンは、日本で数多く存在するクラシックカーラリーイベントの中で、唯一観光庁の支援を受けているイベントです。
「日本の世界遺産や文化遺産を巡る旅」をコンセプトに、2011年から観光庁の支援を受け、日本の素晴らしさを国内外に発信し続けています。
奈良井宿を通過するのは2日目の22日(日)14時15分~15時30分頃の予定です。

〇RALLY NIPPON実施内容
■開催日:2017年10月21日(土)~10月24日(火)
■通過ルート
・1日目 京都・二条城(予定) スタート ~ 石川・山代温泉
・2日目 山代温泉 ~ 奈良井宿  ~ 軽井沢
・3日目 軽井沢 ~ 箱根
・4日目 箱根 ~ 東京
■参加車両に関して
走行するクラシックカーは1974年12月31日までに製造された車両(但し、レプリカモデルは参加を認めない)で、加車両は陸運局から認可されたナンバープレート取得車に限られ、大会実行委員会にて認められた車両です。

詳細はラリーニッポンのオフィシャルサイト、または特別協賛のTHE PENINSULA TOKYOのページをご覧ください。

〇レース運営に関するご協力のお願い
奈良井宿を通過する22日は衆議院選挙の投票日となっており、人通りが普段よりも多いことが予想されます。
当日は近隣の駐車場をご利用いただき、宿場内へのお車の乗り入れはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
宿場内の宿泊施設をご利用のお客様は、14時~16時の間、チェックインされるお時間の調整をお願いいたします。
ご不明な点は当該宿泊施設へご確認ください。

観光客の皆様にはご迷惑おかけしますが、円滑なレース運営にご協力いただければ幸いです。
皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。

奈良井宿紹介動画のお知らせ

一般社団法人 塩尻市観光協会制作による奈良井宿の紹介動画が完成しました。
「奈良井宿について」のページからご覧いただけます。
奈良井宿の見どころや魅力を伝えるとともに、撮影にドローンを使用するなど、工夫を凝らした映像になっております。
是非一度ご覧ください。

皇女和宮御下向行列 参加申し込み追加受付開始のお知らせ

皇女和宮御下向行列へのお申し込みの追加受付を行っております。
まだ募集枠に余裕のある下記対象ポストのみ、再応募のフォームを設置させていただきました。

〇応募受付期間
平成29年9月20日(水)~9月29日(金)まで(郵送でお申し込みの場合は当日消印有効)

〇募集キャスト・募集人数
・太鼓:2名
・近習侍:3名
・傘持ち:2名
・輿丁:3名
計10名

トップページのバナーから応募フォームに進めます。
なお、お申込み多数の場合は先着順で決定させていただきます。
皆様からのご応募をお待ちしております。

皇女和宮御下向行列 参加申し込み受付に関して

皇女和宮御下向行列へのお申込みを締め切らせていただきました。

おかげさまで多数のお申し込みをいただき、盛大で雅な行列を再現できそうです。
誠にありがとうございました。
さて、皇女和宮御下向行列へのお申し込みは一旦締め切りとさせていただきましたが、キャストによってはまだ募集枠に若干余裕があるため、近日中に余裕のあるポストのみ、再応募のフォームを設置させていただく予定です。
詳細はまだ決まっていないため、引き続き当ホームページをご確認の上お申し込みいただければ幸いです。
以上よろしくお願いいたします。

皇女和宮御下向行列 参加申し込み受付開始のお知らせ

昨年好評だった皇女和宮御下向行列を今年も開催いたします。

○開催日 平成29年11月5日(日)
お申し込みは7月10日から開始です。
トップページお申し込みフォームへのバナーからお申込みいただけます。
是非ご参加ください。

■皇女和宮御下向行列とは
幕末の激動期、ペリー来航から始まった開国要求とそれに反対する尊皇攘夷の中で、公武一和のもと仁孝天皇の皇女・和宮の14代将軍徳川家茂への降嫁が決まり、文久元年(1861)旧暦10月20日に京都を出発した行列は、中山道を一路江戸へと向かいました。
京方1万人、江戸方1万5千人、諸藩の警固1万人、その他人足や賄の人数を含めると総勢8万人といわれ、まさに空前絶後の大行列でした。
 行列は、11月3日に藪原宿で御泊り11月4日には奈良井宿で御小休、贄川宿で御昼、本山宿で御泊り、翌5日には、洗馬宿で御小休、塩尻宿で御昼をとっていることが古文書に記録されています。
街道交流事業の一環として、この木祖村・塩尻市に縁のある皇女和宮のお輿入れの様子を再現いたします。