お知らせ・最新情報

御嶽山噴火に関する追加情報

御嶽山の噴火による奈良井宿への影響に関して、多くのお問い合わせをいただきました。

9月28日早朝に、奈良井宿内に若干の降灰がありましたが、風向きの影響などもあり、その後の降灰は確認されていません。
本日も多くの観光客の方々が奈良井宿を訪れ、お楽しみいただいております。

皆様からいただいた多くのご心配やお気遣いのお言葉は、観光協会員一同の大きな励みとなりました。
このような時だからこそ、来場されたお客様により一層奈良井宿を楽しんでいただけるよう、努力をしてまいります。

今も奈良井宿は平時と変わらず、ゆったりとした時間が流れています。
ちいさな田舎の宿場町、おじいさんとおばあさんが(たまに若いスタッフが)みなさまを笑顔いっぱいでお迎えいたします。
ゆっくりと観光をお楽しみいただけますので、どうぞ安心して秋の奈良井宿にお越しください。
また、今後噴火に関する追加情報があれば、観光客の皆様の健康と安全に留意し、こちらで随時お知らせをしていきます。

御嶽山噴火に関して

9月27日に長野と岐阜県境にある御嶽山(標高3067メートル)が噴火しました。
御嶽山の噴火は平成19年3月以来となり、気象庁は、噴火警戒レベルを入山規制のレベル3としています。

この噴火によって奈良井宿にも若干の降灰が認められていますが、本日も晴天に恵まれ、平時とかわらず観光をお楽しみいただけます。
ぜんそくの方は、念のために気密性の高いマスクを着用してください。
また、国道19号は緊急車両の通行が増えているため、運転には十分気をつけてお越しください。

<奈良井宿 中町 28日撮影>
20140929.jpg

◆御嶽山の噴火に関しての情報
御嶽山は太平洋プレートに関係する乗鞍火山帯に位置する活火山で、1万年前以降、マグマを放出する噴火や、マグマの熱で地下水が水蒸気となって爆発する水蒸気爆発を繰り返してきました。
しかし、噴火は頻度が低く歴史記録は残っておらず、昭和54年の噴火が有史以来、初の噴火として記録されています。
今回の噴火は昭和54年以降で最大とみられる規模となっており、火山灰分析の結果、平成3年と19年の小規模噴火同様、水蒸気爆発とみられています。

中山道サミット開催!

初期中山道改道400周年記念の一環として、10月4日(土)、5日(日)に中山道サミットが開催されます。

事前申し込みではありますが、一般の方もご参加いただけます。
このサミットは、初期中山道(下諏訪から東堀・桜沢の塩尻峠を通らないルート)改道400周年記念として行うもので、初日は、基調講演、パネルディスカッションが行われ、2日目は、ウォーキングイベントなどが行われます。
参加費は無料で、申込締切は9月19日までとなっております。

◆第一部「基調講演・パネルディスカッション」
・日程:10月4日(土)
・場所:奈良井宿 長泉寺
・内容
 12:30 開場・受付
 13:30~ 開会セレモニー 皇女和宮役お披露目
 14:00~ 基調講演
 15:10~ パネルディスカッション
 17:30 閉会

◆第二部「中山道交流会」
・日程:10月4日(土)
・場所:塩尻市贄川 そば処ながせ
・時間:18:00~

◆第三部「ゆっくり歩こう!初期中山道ウォーキングイベント」
・日程:10月5日(日)
・場所:岡谷コース、塩尻コースがあります。

上記お申込み、詳細はこちらのパンフレットをご覧ください。

・塩尻市の塩尻四宿400年祭詳細はこちらをご覧ください。
・塩尻四宿400年祭のFBページはこちらをご覧ください。
・ゆっくり歩こう!初期中山道のFBページはこちらをご覧ください。
・ゆっくり歩こう!初期中山道のホームページはこちらをご覧ください。